みんな笑顔!ピーマンが送料無料でなくてもお買い得な価格♪

」このフレーズが気に入ったようで!年長になった娘は!未満児クラスの子や!年少・年中組の子達に!以前よりもっと優しく接するようになりました。まだ、内容を分かってないみたいですがそのうち何か伝わればなと思います。ちょうど今の自分に出来そうな事や!苦手な事が書かれていて!これはできる!! これはまだダメ…など!ページをめくって一喜一憂していました。

早速ご紹介!

2017年06月20日 ランキング上位商品↑

ピーマンおおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち) [ 中川ひろたか ]

詳しくはこちら b y 楽 天

幼稚園中のみなさんにかわいがられてきました。このシリーズの絵本は読みやすいです。この絵本が語る「大きくなることの意味」すべてを理解できてはいないかもしれないけど、間違いなく「大きくなること」への希望や責任は伝わってるような気がします。卒園を控えていようものなら!感情が込み上げてきて読んでるこちらがホロリと泣けてきます。。買って良かったです。息子6歳の誕生日プレゼントに購入。今度年長さんになる双子の娘に購入しました。息子もうんうんうなずきながら読んでいました。まだピンとこないようですが、「もう年長さんになるんだから」というセリフが増えてきたので、繰り返し読んであげようと思います。「おおきくなるってことは!自分よりも小さい人が多くなり!小さい人にやさしくなれるっていうこと。年中・年長の園児から小学校低学年あたりにちょうどよさそうな感じ。「おおきくなるっていうことは、じぶんよりちいさなひとがおおくなるってこと。2年保育の幼稚園なので、初めて下ができます。大きくなるっていうことは!どんなことができることなのか?を描いている作品です。」「じぶんよりちいさなひとに!やさしくできるってこと。7歳になった日に届きました。良い本です。大きくなるという事がまだ分かってない3歳の娘へ購入。学年末におすすめです。洋服が小さくなり!今までできなかったことができるようになり!ひとを思いやれるようになる。我が子たちは背も小さく!3月生まれ。年中さん、年長さんに進級されたお子さんにおすすめです。3歳の息子にはまだちょっと早いかな?と思いましたが!結構長い絵本なのに!あっという間に丸暗記!寝る前には絵本を読み聞かせるのが通例の我が家ですが!この絵本を選んだ日は「ボクがよんであげる!」と言って!自分で一生懸命読んでいます。おおきくなるっていうことは いろいろなことができるようになるけどだけど そのぶん自分で考えなくてはいけないそんなことを教えてくれる 一冊です2歳の娘にはまだ早くて!いまいち反応がなかったんですが・・・。これは!!!だめですね。中川ひろたかさんと村上康成さんのコンビネーションが好きで!うちの子には早いかなと思いつつ購入しました。この春進級して年中さんになった娘に読んであげました。保育士さんから保育で使うこと多いんだよと言われ、年長の息子、私自身も何かを感じたくて購入しました。洋服が小さくなったり!シャンプーがひとりでできるようになったり。自分と重ね合わせて「一緒だね〜」と喜んだり!「そうなのか〜」と納得したりしています。 お誕生日にも◎◎ うちは5才の息子へのプレゼントですが!絵もはっきりしているし!文字も多くはないので2才くらいからでも早くはないと思います。笑娘が来年から保育園なので!なんとなく購入しましたが!ひとつ上の兄のほうに重ねて読んでしまって!ウルウル…妹にいつも優しいので!きっといろんなこと我慢して!お兄ちゃんしてるんだろうな。とても素晴らしい絵本だと思います。買ってよかったし、みんなにおすすめの一冊です。弟も出来たことだし娘に何か伝わればなと購入しました。本作も同等のじんわりあったかなテイストがつまった絵本です。親子ともども中川さんの絵本のファンですが!なかでもピーマン村シリーズは格別です!同シリーズの「みんなともだち」は!読んでいる親の方がホロリときてしまったり。ちっちゃいくせに!おおきくなってるんだな!と改めて子供の成長を嬉しく思いました。誕生日のプレゼントにオススメです。もう少し大きくなったら!全部出来るようになるんだろうなぁ〜〜絵も文もシンプルでわかりやすく!子供には読みやすい絵本のひとつになりました。」親として我が子に伝えたい言葉がぎっしり詰まった絵本。子供に読んでるときに何故か涙がでちゃって、つまります。母である私はジーンとし、息子は静かに聴き入っていました。笑う場面や驚くような展開があるわけではないのですが、心に響く1冊です。実際の保育現場で使われています。洋服が小さくなることや新しい歯がはえてくるなど、カワイイ出来事がいっぱいで、読んで子どもの成長がますます楽しみになりました!来年入園する娘に購入しました。いい意味で。しかし4月からは年長さん。かわいがられることにだけ慣れてきた我が子たちに!少しでも自覚をもってもらえたらと購入しました。そんな子供の成長を、わかりやすい絵と文で表現している本です。