小1の長男はすぐに覚えましたが、年中の妹は理解しているかどうかちょっと謎。絵本の最後には「とけいのほん2」をみてごらんと出てくるので!この絵本に慣れてきたら買ってあげたいと思います。分数の読み方は時計の本2に続きます。

コチラですっ!

2017年06月20日 ランキング上位商品↑

シリーズとけいのほん(1) (幼児絵本シリーズ) [ 松井紀子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

時計に興味を持たせるには、とっても良い絵本だと思います。子供は「・・時はん」というフレーズが気に入ったようで、私が「・・時」というと大きな声で「はん!」と言ってくれます。子供は絵本として楽しみたいようで!読みながら「このちびが・・だから」などというとつまらなそうな顔をするので!何度も読んでしばらくは感覚で覚えてもらえるようにしようかと思っています。以前から時計に興味を持っていたのですが「いまなんじ?」と聞くことが増えてきたので!この絵本を購入しました。この本で勉強できるのは○時、○時半、と言う2パターンだけ。レビューの評価が高いのも納得!数回読んであげたら「○時」と「○時半」は読めるようになりました!時計に興味を持ったお子さんにオススメです☆3歳9カ月の息子が最近「今は何時?」など!時計に興味を持つようになったので分かりやすいかな?と思い購入してみました。最近 時計の見方が少し分かってきた息子へクリスマスのおもちゃのプレゼント+本まだ 渡せていないので どんな反応をしてくれるか楽しみです。後で「はん=30分」を教えるのに苦労しそうですが、実生活でも両方使う表現なので構わないと思います。三歳の息子に購入しました。購入時は子供は2歳だったので!まだちょっと早いかな!と思いましたが!本当にこの本のおかげで時計が読めるようになりました。時計って何気なく使ってるけど、いざ説明しようとすると難しいですね。時計の針をのっぽとちびで表現してあり!絵本としても成立していてお勉強する感じが少ないので良かったです。時計に関心があるうちに、生活リズムをもっときっちりつけていければなあ・・・なんて思っています。よくパラパラめくっては「なんじ?」と遊んでいます。それ以外の時計の読み方は続編とけいのほん2で紹介されています本を気に入って読んではいますが半の読み方はまだまだ迷うみたいです。内容はまだ難しいと思いますが、数字を楽しそうに読んでいます。3歳の娘が!少し時計に興味を持ったので買ってみました。続編もあるみたいですが、とりあえず理解するまでこれ1冊でいこうと思います。根気強く読み聞かせればその内分かるようになってくれるかな・・・とは思いますが、まだまだ全てを理解出来ないようです。春から小学生になる娘のために(1)(2)合わせて購入しました皆さんのレビューにあるとおり時計のことが!わかりやすく興味深く描かれていて本当に素敵な絵本でしたそしてそして・・・驚くべきことに娘はたったの1度読んだだけで時計が読める様になりましたまるで魔法の様な絵本です購入を迷われている皆さんに自信を持ってお薦めしたい絵本です^^最近時計に興味を持ち始めた子供に買いました。私自身はこの絵本は知らなかったのですが!レビューを読むと昔からある絵本のようですし!イラストも可愛く子供が好きそうだなぁと思ったのも購入したきっかけです。物語もとても気になる感じで途中で終プッツリ途切れてしまっているので!2冊セットで意味を成すかな!と言う感じです。おすすめです◎この本のおかげで正時と半の読み方を覚えてくれたので良かったです。時計の仕組み、00分、30分(半)の時間の読み方をもとにお話が構成されています。物語のようになっているし、教え方が解りやすくて、初めは「こんなときは○○時、って読むんだよ」と言うヒントが出てるけれど、後半になると自分で考えて答えないとならなくなって行きます。読んでる途中でペラペラ自分でページをめくって見てしまうのですが!喜んで見てます。そのうち時計の見方を覚えてくれるといいなぁーと思います(*^^*)子供に時計の見方を教えるのに苦労していたので!実店舗やネットで時計の本を探していました。来年は新入学だし、そろそろ時計の読み方も覚えていいかな、と思い購入。一生懸命読んであげますが!まだまだ時間は分からないみたいです(-_-;)でも!読んでとせがまれるので!そのうち覚えてくれたらいいなと思います。最後が時計の本2につづくとあり中途半端に終わるので!星四つです。ビックリです!!!『とけいのほん(2)』に進んでみたいのですが!レビューを読むと難しそうなので迷っています。この本では「・・時」と「・・時はん」しかないので、分刻みで教えたい方には向いていないかもしれません。『とけいのほん(1)』は初めて時計に触れる子どもにピッタリだと思います(^_^)♪。長身がのっぽ!短針がちび!と言う名前のキャラクターとして!道を進んでいくお話になっています。。次女の誕生日に絵本を買ったので、長女にはこれを。一人で読めないので一緒にみましたが簡単でよかったとおもいます。時計なんて覚えてしまえば必要なくなるし!子供が食いつくかどうかは性格などもあるので何ともいえませんが!我が家の子供たち(1年!年中)はどういうわけだかこの本がとても気に入ってしまったようです。興味を持って買うなら、2冊セットで買うことをオススメします。そろそろポイントもたまってきたので(2)も買おうと思います。この絵本で理解できるのは12:00や3:00、7:30や8:30などの時間です。2歳になった娘が、時計を見ながら「よん!わんわん!」(夕方4時になったら「いないいないばあ!」のわんわんが見られるって意味の様子)と言うようになり、時計に興味を持ち始めたようなので購入しました。結局本人はまだ理解できてないようですが。絵本の楽しさに影響されて!あっという間に読めるようになりました。この展開が学習につながって、とても良いと思いました。時計に興味をもち始めたのでこちらを購入しました。まついのりこさんの絵本は2冊目です。小児科においてあり!行くたびに5歳!3歳の息子に読んでーといわれるので購入しました。一番売れ筋がよいのか手で回せる時計が付いたものが良いのか迷いましたが!なじみのある「まついのりこ」さんの絵本ということで購入しました。